Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Archives
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
PR
2013.07.29 Monday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
2012.05.20 Sunday
新作能『散尊(サムソン)』
新作能『散尊(サムソン)』が動きはじめました。

新作能『散尊(サムソン)』
本年8月21日(火)午後7時開演
於・国立能楽堂(千駄ヶ谷)
シテ(力者サムソン)辰巳満次郎
ツレ(詩人ミルトン)金井雄資
ツレ(遊女デリラ)和久荘太郎
間狂言(ミルトンの娘)石田幸雄
笛 藤田六郎兵衛
小鼓 吉阪一郎
大鼓 亀井忠雄
太鼓 観世元伯
地謡 今井泰行他
制作 橋の会事務所
作詩 高橋睦郎
演出・節付け 辰巳満次郎
 
『失楽園』を記したジョン・ミルトンの、劇詩『闘士サムソン』を元に、詩人の高橋睦郎氏が作詩と能への変換をして、節付けと型付けを辰巳満次郎氏が行い、一曲の能に仕上がりました。
 
私は、サムソンが寵愛した敵方の美女・デリラ役という、かなり重要な役を勤めます。
 
前半、サムソンとデリラが老人・老女の姿でミルトンの前に現れ、正体をほのめかして、姿を消し、後半、サムソンとデリラが在りし日の姿で再び現れ、生前の様子を再現します。
 
国際ミルトン・シンポジウム記念行事の一環で、昨年8月上演予定でしたが、大震災の影響で一年先送りして、本年8月の上演となりました。
 
宝生流では新作能は大変珍しいことですが、シテ兼演出の辰巳満次郎師は、これまで『マクベス』『六条』『光明』などを手がけ、評価を受けてきましたので、この度の『散尊』の出来上がりも楽しみにしていただいて良いと思います。
 

全指定席
A席7,000円
B席5,000円 
C席3,500円
学生券2,000円
 
申し訳ありませんが、私のチケットの取り扱いはございませんので、お問い合わせは以下に直接お願いいたします。
なお、売り切れの際はご容赦下さいませ。
 
〈チケット取り扱い〉7月31日まで
青山キャンパス内青山学院購買会
電話03-3409-4401
店頭販売/電話予約(休祭日を除く10〜17時にお申し込み、代金・送料の銀行振込によるご入金確認後に郵送)
 
主催・青山学院大学文学部英米文学科
共催・日本ミルトン協会
後援・日本英文学会/ブリティッシュ・カウンシル
助成・青山学院大学英文学会
| 和久荘太郎 | 舞台情報 | 08:40 | - | - | - | - |
2013.07.29 Monday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:40 | - | - | - | - |